英会話初心者におすすめの映画・ディズニー映画では難しすぎです

英会話を勉強し始めたばかりの人
英会話を勉強し始めたばかりの人
英会話の勉強には英語で映画を見るのが効果的って聞いたけどほんとうに勉強になるんだろうか…。ネットでおすすめされた映画を見たけど難しすぎて英語では理解できなかった。

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・映画で英会話を勉強する方法が分かります
・英会話初心者の勉強におすすめの映画が分かります
・他のサイトに書いてある映画のほとんどが初心者にはおすすめではないことが分かります

映画をリスニングの勉強として見るために必要なこと

映画をリスニングの勉強として見るために必要なこと

リスニング勉強として映画を見るなら、「英語音声・英語字幕」で見て、意味をほとんど理解することが必要です。

「英語音声・英語字幕」で見る

「英語音声・日本語字幕」で見ても効果がないことはないのですが、「英語音声・英語字幕」と比べるとかなり効果が小さいです。

勉強として見るなら、音声字幕共に英語にする必要があります。

意味がほとんど理解できる

音声字幕を英語にして理解できる内容でないと、リスニングの勉強になりません。

単語や文法がわからずにいちいち再生を止めると、リスニングではなくリーディングの学習になります。

「英語字幕を見たらほとんど意味がわかるけど、実際の発音を聞くと聞こえてこない」というレベルの映画がリスニングの勉強には適しています。

細かい基準は下で解説しています。

英会話初心者におすすめする映画の基準

英会話初心者におすすめする映画の基準

4つの基準があります。

・クリアな発音
・スラングが少ない
・単語が簡単
・最終的に字幕なしで見ることができる

クリアな発音

アメリカ英語orイギリス英語のクリアな発音のものをおすすめします。

一言に英語といっても、アメリカ、イギリス、オーストラリアと国によって発音が違います。
さらに、アメリカやイギリスの中でも、人種や地域によって方言があります。

映画やドラマで一番使われているのは、アメリカかイギリスの標準的な発音なので、同じような発音のものが初心者の英語学習には最適です。

ディズニー映画は初心者向けだと言われていますが、発音に癖があることが多いので、あまりおすすめできません。
どちらかというと、初心者よりは中級者向けです。

例えば、白雪姫の魔女は話し方に特徴があり、一般人の発音とは大きく違います。
そのため、せっかく正しい発音を覚えてリスニングに望んでも理解できないことがあります。

スラングが少ない

スラング(日常会話のカジュアルな表現)が少ないものが理想的です。
イケてる若者が主人公の映画の場合、スラングが多いことがあります。

ゆくゆくはスラングも理解する必要がありますが、ほとんどの外国人はこちらがネイティブでないと分かれば、気を使ってスラングを使わずに話してくれます。

ネイティブと話しているとみんなよく使っているスラングがあったりしますが、まずは丁寧な言葉から覚えるのが大切です。

単語が簡単

「7、8割の単語は知っている」くらいの難易度がちょうどいいです。

英語音声・英語字幕で見ると、単語がわからなくて止まることがあります。

単語のほとんどがわからない場合、映画を見てリスニングの勉強をするというより、文章を読んで理解するリーディングの練習になってしまいます。

初心者におすすめのドラマとして、フレンズ、フルハウスなどが紹介されていることが多いですが、使われている単語や表現は初心者にはなかなか難しいです。

最終的に字幕なしで見ることができる

2、3度見た後に字幕なしで理解できるような難易度のものがおすすめです。

上で述べたように、「発音が特徴的なもの・スラングが多いもの・単語が難しいもの」は、見るのにかなりの労力が必要なので教材としてはおすすめしません。

この4つの基準に当てはまる映画というのは意外と少ないです。
この記事では、基準に当てはまるリスニング学習に最適な映画を7本集めたので、参考にしてみてください。

英会話初心者におすすめの映画一覧

ジブリの英語版5本と「The Boss Baby」という映画、「君の名は」の英語版が初心者のリスニング学習におすすめできる映画です。

僕が実際に見て、単語と表現が簡単だったものをセレクトしました。

ジブリ映画ならどれも簡単だろうと思っていましたが、「ハウルの動く城」「もののけ姫」など、初心者には発音・単語共に難しいものがありました。

まずはジブリ映画から紹介していきます。

となりのトトロ(My neighbor TOTORO)

単語レベル:1/10
発音レベル:1/10
日常表現:かなり多い

7本の映画の中で単語・発音ともに最も簡単です。
1番はじめのリスニング学習に最適です。

となりのトトロ(My Neighbor Totoro)北米版・Blu-ray&DVD Combo (1988)
created by Rinker

思い出のマーニー(When Marnie Was There)

単語レベル:2/10
発音レベル:1/10
日常表現:かなり多い

主人公の杏奈の発音がかなり綺麗で聞き取りやすいです。
単語を一語一語しっかりと発音してくれているので、シャドーイングのトレーニングにも向いています。

思い出のマーニー (When Marnie Was There) Blu-ray 輸入版
created by Rinker

崖の上のポニョ(Ponyo)

単語レベル:1/10
発音レベル:3/10
日常表現:多い

少しアニメっぽいアクセントがありますが、聞き取りやすいです。

崖の上のポニョ (PONYO) (Blu-ray&DVD2枚組) 輸入版
created by Rinker

耳をすませば(Whisper of the Heart)

単語レベル:4/10
発音レベル:4/10
日常表現:多い

少し強めのイギリスアクセントです。
単語もしっかりとしていて難しめですが、現在でもビジネスなどのフォーマルな場では必要となる単語です。

耳をすませば (Whisper Of The Heart) DVD 輸入版
created by Rinker

魔女の宅急便(KiKi’s Delivery Service)

単語レベル:2/10
発音レベル:2/10
日常表現:かなり多い

少し単語や表現が古いですが、英語学習にはぴったりです。
ある程度単語や文法に自信がある人におすすめです。

魔女の宅急便(Kiki’s Delivery Service) DVD 並行輸入品
created by Rinker

ボス・ベイビー(The Boss Baby)

単語レベル:3/10
発音レベル:4/10(少し話すスピードが速いですが、いいリスニング練習になるはずです)
日常表現:多い

7本の中では一番難易度が高いです。
多少スラングなども入っていますが、単語は簡単です。
実際のネイティブが話しているスピードに慣れたいという方におすすめです。
リスニング学習に慣れてから見ると、聞き取りやすくなると思います。

ボス・ベイビー(The Boss Baby) 北米版DVD
created by Rinker

君の名は(Your Name)

単語レベル:3/10
発音レベル:2/10
日常表現:かなり多い

主人公が学生ということもあり、現代の人が使う日常表現が一番多い作品です。
7本の中では1番映画のセリフっぽさがない自然な会話が多いです。
個人的にはかなりおすすめです。
キャラクターや場面によって、少し話すのが早くなることがありますが、単語は比較的簡単です。

君の名は。(Your Name)DVD 輸入版
created by Rinker

まとめ

映画をリスニングの勉強として見るには

・「英語音声・英語字幕」で見て、意味がほとんど理解できるものを選ぶ
・クリアな発音でスラングが少なく単語が簡単なものを選ぶ
・「となりのトトロ(My neighbor TOTORO)」と「君の名は(Your Name)」が1本目におすすめ
スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

プロフィール