英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのステップ】

「英会話初心者だけど、何から勉強したらいい?」という質問をよく受けるので、初心者が最短で英語が話せるようになる勉強方法をまとめました。

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語学習歴が7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。
現在は、ネイティブレベルで英語を使えるようになっており、誰とでも英語で話ができるようになっています。

僕自身は、英語学習を始めてから4年間ほど、あまり効果がよくない学習法をしてしまっていました…
その後、自分で論文を読み、所属する上智大学の教授に何度も質問をしに行くことで、科学的に効果があると証明されている英語の勉強法があることを学びました。

そんな経験と知識をもとに、この記事では、最も効率よく英語が話せるようになる方法をまとめました。
少し長いですが、間違いなくこの方法で英語力は伸びるので、参考にしてみてください!
*基本的に無料でできます

自分の本当の弱点を理解する

「自分の弱点を正確に知ること」が1番初めのステップであり、最も大切です。

ここを間違えると、「自分の弱点以外の能力をひたすら上げている」という状態になります。
例えば、以下のようなパターンです…

誤解パターン1
自分は「単語力」がないから、単語力をあげれば英語が話せるようになるんだ!
誤解パターン2
自分は「リスニング力」がないから、とにかく英語を聞いて英語に慣れよう!

正しいように見えますが、実は、「リスニング力」「単語力」は表面的な弱点であって、「本当の弱点」ではありません…
(僕自身も、「リスニング力」が自分の弱点だと勘違いしていました…)

以下のリンクで紹介する参考文献でも紹介されていますが、「リスニングができない」のにはいくつか理由があります。

音が聞き取れないパターン
・英語にしか存在しない音が聞き取れていない
・英語独特の「音のつながり」が聞き取れていない
・日本語の発音で単語を覚えていて、英語の発音で言われても聞き取れない
脳内で自動化ができていないパターン
・聞き取れているけど、単語を思い出すのに時間がかかる
・聞き取れているけど、文法と組み合わさっていると理解に時間がかかる
背景知識がないパターン
・単語は知っているけど、単語の使われ方を知らない

参考文献1:杉浦正利, 竹内彰子, and 馬場今日子. “リスニング能力養成のための自律学習: ディクテーションの効果.” 言語文化論集 23.2 (2002): 105-121.
参考文献2:中西弘. “英語運用能力を伸ばすシャドーイング.” 東北学院大学論集. English language & literature 97 (2013): 117-123.

いくつもあるリスニング力の課題から、自分の本当の問題を正確に発見するのはかなり難しいです。
僕の場合は、自分でやるのは無理だと判断し、教授に頼み込んで自分の弱点を発見してもらいました。

とはいえ、教授に聞きに行ける人は少ないですよね…

「教授に聞きに行けない人はどうしたらいいのだろう」と考え、コーチング式スクールの無料カウンセリングを何個か受けてみました。
その中で、1番カウンセリングの質が高かったのが、PROGRITです。

カウンセリングでは、大学の教授と同じレベルで英語の弱点を細かく教えてくれて、それに最適な勉強方法まで教えてくれます。

その後のサービスへの勧誘等もありませんでした。
対面でもオンラインでもカウンセリングが受けられるのも、おすすめポイントです。

PROGRIT

有料になる前にぜひ受けてみてください。
*システムが気に入れば、サービスの申し込みをするのもアリかと思います。

ただし、コーチング型スクールのサービスは高品質・高価格です。
なので、ここからは「自分は独学で勉強したい」という方のために、それぞれの弱点に合った勉強方法をまとめていきます。

効率がいいスピーキングの学習方法

日本人は、スピーキングが弱点の人が大半かと思います。

スピーキングでやることは以下の3つのみです。
*上から順番にやっていくと効果的です

1.瞬間英作文
2.英語で独り言を言う
3.英会話のクラスを受ける

瞬間英作文

「出題された日本語をすぐに英語に訳して発音する」学習法です。
自分で問題を作ってもいいですが、テキストが売られているので、それを使うのが効率的です。

英語を始めたばかりの初級者におすすめできる教材は「どんどん話すための瞬間英作文」です。

問題に80%ほど答えられるようになったら、次のレベルに行ってオッケーです。
この2冊が次のレベルです。

オンラインで無料で瞬間英作文ができるサイトもあり、こちらでもいいかと思います。
リンク:瞬間英作文・無料サイト

英語で独り言を言う

瞬間英作文に慣れてきたら、今度は自分の言いたいことを英語にして独り言を言います。
「2分間、止まらずに話し続けられる状態」をゴールにやってみてください。

言いたいことが英語でなかなか出てこなくて、時間が足りなければ、はじめは5分でも10分でも良いです。
とにかく、頭の中から英語を絞り出してください。

お題に関しては、こんな感じで話の流れを決めておくと話しやすいです。
*途中で脱線して他のことを話してもOKです
参考:独り言のお題の例

お題を決めて2分間独り言を言う

わからなかった単語と文法・言えなかった表現をメモしておいて、独り言が終わった後に調べてください。

スピーキングの注意点
日本語を英語に訳して話さないこと。
「言いたいことを頭にイメージする→英語にする」の流れでやることを意識してください。
はじめのうちは「頭の中に言いたいことをイメージ→頭の中で日本語にする→日本語を英語に訳す→英語にして話す」という風にやりがちです。
頑張って日本語を間に挟まないように心がけてください。

独り言が言えるようになったら、もはや初心者ではなくなっています。

英会話のクラス

英会話は、「独り言をなんとか言えるようになってからの勉強」で効果を発揮します。
逆に、初めのうちは、英会話よりも、「独り言」と「瞬間英作文」をやったほうが早く成長します。

なぜなら、1人で英語が話せないのに、先生と英語を話してもほとんど意味がないからです。
厳しいかもしれませんが、最速で成長するためには、英会話は独り言が言えるようになってからがベストです…

ただし、英会話の授業を受けるとモチベーションが上がるので、余裕があれば週1回くらい受けるのはアリだと思います。
独り言で、自分の言いたいことが言えるようになったら、本格的に英会話を初めてみてください。

*オンライン英会話がコスパがいいのでおすすめです。
月に6500円前後で、受けたければ毎日でも授業が受けられます。

オンライン英会話の選び方

英会話の授業は、講師との相性が最も大切です。
自習とは違い、人対人のコミュニケーションになるので、自分が話していて楽しいと思える先生を見つけてください!

正直に言うと、大手のオンライン英会話であれば、値段やシステムはどこも似たりよったりです。
なので、まずは無料授業を受けてみて、好きな先生がいるところに申し込めばOKです。

日本の大手オンライン英会話といえば以下の3つです。

オンライン英会話について、さらに詳しく知りたい場合、こちらを参考にしてください。
参考:【1ヶ月タダ!】無料でオンライン英会話を受ける方法

効率がいいリスニングの学習方法

リスニング学習は、「音声知覚(音の聞き取り)」が苦手なのか「意味理解(脳内の自動化)」が苦手なのかでやるべきことが変わってきます。
効率的なリスニング勉強法は大きく分けると3つです。

・ディクテーション:音の聞き取りに効果的
・速聴:脳内の自動化に効果的
・シャドーイング:両方に効果的
苦手な能力に合わせて学習内容を変えてみてください。

ディクテーション

ディクテーションとは、聞いた音声を文字に書き起こすトレーニングで、「音の聞きとり」が苦手な人に最適な勉強方法です。
正しいやり方はいかの2STEPです。

STEP1:1回で全て聞き取るつもりでトライ
会話をしている時のリスニングのチャンスは1度しかないので、1度で意味を理解するように意識してください。

STEP2:限界まで聞き直す
1度だけでは聞き取れない部分があると思うので、なんども聞き直して限界まで聞いてみてください。
10回くらい聞いても聞き取れない場合は、その後もおそらく聞き取れないので、答え合わせに移って大丈夫です。

正解を出すことは大切ではなく、答え合わせで自分の聞き取れなかった部分を知ることが最重要ポイントです。

参考文献:杉浦正利, 竹内彰子, and 馬場今日子. “リスニング能力養成のための自律学習: ディクテーションの効果.” 言語文化論集 23.2 (2002): 105-121.

速聴

速聴とは「速読のリスニング版」で、意味理解に効果的です。
音声を1.25倍速や、1.5倍速にしてリスニングするトレーニングです。

音声のスピードが速く、日本語に翻訳して理解する暇なく英語が流れるので、頭の中で英語を日本語に直す癖を直すことができます。

シャドーイング

シャドーイング は、聞こえてきた英語に0.5秒くらい遅らせて発音していくという学習法で、「音の聞き取り」と「脳内の自動化」の両方に効果的です。
参考文献:フランス語学習におけるシャドーイングの導入とその効果について 二つの実験とアンケートから―

詳しく説明すると長くなるので、こちらにやり方をまとめました。
参考:シャドーイング の効果的なやり方

3つができるオススメ教材

リスニングの教材はなんでもOKです。
自分でYouTubeの動画を見つけてもいいですし、レベル別になっている教材を選んでもいいです。

個人的なおすすめはリクルート監修の「スタディサプリ」です。
ディクテーション・速聴・シャドーイングの学習を、1つのスマホアプリででき、レベル別になっているので、いくつも教材を買わなくて済みます。

リクルートが開発しているだけあって、内容がかなり作り込まれており、ゲーム性があるので飽きることなく学習できます。
最短の学習方法を意識してアプリが作られているので、ディクテーション・速聴・シャドーイングそれぞれの専用モードがあります。
「初級の初級レベル」から、そこそこハイレベルなものまで教材があるので、初球から中級者なら誰でも使えます。
いろいろなコースがありますが、「新日常英会話コース」を選べばOKです。

単語と文法はオマケでいい

単語と文法は、おまけ程度にやればオッケーです。

単語の勉強

おすすめのやり方は「スピーキングとリスニングの勉強の際に分からなかった単語で単語帳を作って学習」です。

実は、中学レベルの単語を知っていれば英語は話せます。
なので、初心者のうちはそこまで単語をつめ込んで勉強する必要はないことがほとんどです。

まずは、今知っている単語をスピーキングで使うことができるようになってください。

文法の勉強

初級者のうちは、複雑な文法の勉強をする必要はありません。

「わからないことがあったらその都度調べる」くらいの意識で大丈夫です。
現在系、過去形、未来形だけ使えれば、とりあえずは問題なしです。

勉強の時間配分

時間配分は、弱点によって変えるのがベストです。
今の弱点や目標設定によって勉強すべき配分は大きく変わります。

弱点がスピーキングであれば、このような配分がベストです。

・スピーキング:60%
・リスニング:30%
・単語と文法:10%

スピーキングに比べてリスニングが苦手だという方は、少しリスニングの比率を多めにしてもOKです。

 まとめ

学習の準備
・無料カウンセリングで詳しい弱点を知る

効果が高いスピーキング勉強法
・瞬間英作文
・独り言
・その後に英会話

効果が高いリスニング勉強法
・ディクテーション:音の聞き取りに効果的
・速聴:脳内の自動化に効果的
・シャドーイング:両方に効果的

その他
単語・文法はそこまで力を入れなくていい
時間配分:スピーキング50%、リスニング30%、単語と文法20%くらい

どうせやるなら、1番効率のいい方法で勉強して、最短で英会話ができるようになってください!
この記事が英語を話せるようになりたい人の役に立つと嬉しいです。

期間

プロフィール