【逆に7つのNGを知ってほしい】英会話初心者は何から始めるべき?

  • 2019年4月19日
  • 2019年9月18日
  • 英語

英会話の勉強を始めたばかりで何からやればいいのか分からない人
「英会話の勉強って何からやればいいんだ?正しい勉強法ってあるのかなぁ…。いや、逆にやってはいけないことを知っておいた方がいいんじゃないのか?詳しい人に話を聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の流れ
・まずは読者の方の英語のレベルチェックをします
・レベルごとのやってはいけないことを解説
・レベルごとにやるべきことを解説

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。
現在は、ネイティブに近いレベルで英語が話せるようになっています。

今回は、英会話初心者が勉強を始める時の注意点について解説します。

結論から言うと「7つの NGを知って、間違った勉強法をせず、効率よく勉強する。」です。

英語学習に100%正しい方法はないですが、99%やらないほうがいい方法は存在します。

英語のレベルチェック

まずは、自分にどのレベルの英語力があるか確かめます。

基礎レベル

・That is his shirt.
・Do you want to play with me?
・Did you go to the gym yesterday?

この3つの文章のうち、文法的にわからないものがあった場合、英語力は「基礎」です。

初級レベル

・Why do you want to eat dinner with him?

・I like this place because the owner is so kind.

・Do you know the restaurant that I recommended?

・He is the man who was standing in front of me at that time.

この4つの文章のうち、文法・単語的にわからないものがあった場合、英語力は「初級」です。

実は、このくらいの文法知識があれば、コミュニケーションを取るための英語は話すことができます。

中級レベル

次は、スピーキング問題です。

多少文法が間違っていてもいいので、同じような内容を言えるかどうか試してみてください。

「今日の夜、僕とレストランに食事に行きませんか?」
「今日の夜は予定が入ってます。次の月曜日はどうですか?」

この2つを考える時間3秒以内で答えられた人はスピーキング中級者レベルです。

答えはいくつもありますが、例を挙げると
「Do you want to go to a restaurant with me tonight?」
「 I have things to do tonight. What about next Monday? 」
といった感じです。

中級者の方の英語学習は、英語学習の完全マップ【基礎・初級・中級・上級で解説】が参考になるかと思います。

英会話初心者がやってはいけないこと

それでは、ここからは基礎レベル、初心者レベルの人がやらない方がいいことを紹介していきます。

英会話教室に行く

基礎レベルのうちは、実は英会話教室に行くだけでは英語力は伸びません。

英会話教室は楽しく勉強できるので、とてもいい場所です。

しかし、基礎レベルの人がいきなり行っても、挨拶、道の聞き方などを覚えて終わりになってしまうことが多いです。

モチベーションを上げるために行くのはありですが、基礎文法が分からないまま英会話教室に行っても、英語力が上がることはありません。

ただし、初級レベルからは英会話学習に役立ちます。

僕は中級レベル(言いたいことが英語で言えるレベル)になるまでは自習のほうが効果が高いと考えています。

「聞き流し」や「1日5分でネイティブレベルに!」といった教材を買う

1日5分で英語を話せるようになる方法は存在しないので、基礎・初級共におすすめできません。

時間とお金の無駄になってしまうので、このような教材は買わないでほしいです。

聞き流しは、100%効果がないとは言わないですが、それよりも何10倍も効果の高い方法があります。

参考:英語の聞き流しは効果がない!リスニングに本当に効果がある方法とは

映画・海外ドラマを見る

基礎・初級共におすすめできません。

映画や海外ドラマはネイティブ用に作られているので、単語が難しく、話すスピードもかなり早いです。

単語が理解できない動画を見るのは、リスニングではなくリーディングの練習になってしまいます。

ただし、10回以上見ても飽きないほど好きな映画・ドラマなら、教材にするのもありです。
僕は、初級レベルの時からハリーポッターやゴッド・ファーザーを使って勉強していました。

英語フレーズの本を暗記する

フレーズを暗記しても、使う機会は限られます。

初級レベルの方は、トレーニングをすれば自分の言葉で言いたいことを話せるようになるので、それを目指した方がいいです。

ただし、海外旅行で今すぐに英語が必要な場合は、フレーズ集が役に立ちます。

英語の学習書を何冊も買う

少し大げさかもしれませんが、英語の参考書に特に差はありません。

文法書ごとに教え方は違うかもしれませんが、文法自体の内容は変わらないからです。

評価の高い参考書なら、どれを買っても素晴らしい内容なので、自分が気に入った1冊をやりこむことをおすすめします。

長期留学する

基礎・初級レベルで長期留学すると、絶望が待っています。

僕は中級レベルで留学に行きましたが、それでも最初の3ヶ月くらいは絶望の連続でした。

逆に、短期間の留学であれば初級レベルからかなりおすすめです。

例えばフィリピン留学は、初級レベルの人がたくさん来ており、中級にレベルアップしています。

参考:セブ島英語留学でおすすめの学校は?【目的別で紹介します】

単語帳ばかりやる

基礎レベルの場合、簡単な単語帳を覚えた方がいいですが、初級の場合、英会話をするために単語を覚えること不要です。

今覚えている単語でも十分に話すことはできるので、まずは言いたいことを言えるレベルを目指していきましょう。

基礎レベルの人は何から始めるべきか

やってはいけないことをたくさん紹介してきましたが、やるべきことはとてもシンプルです。

基礎レベルの方は、まずは「文法」と「ある程度の単語」が必要です。

【英語初心者向け】基礎固めにおすすめの本・教材【文法書と単語帳】で紹介している文法書の7割くらい理解できるようになったら初級レベルにすすんでオッケーです。

人にもよりますが、最短で1ヶ月で達成できるはずです。

初級レベルの人は何から始めるべきか

初級からは英語を話すこと・聞くことのトレーニングが大切です。

リスニング・スピーキング両方に役立つトレーニング
・高校で習う文法スピーキングのためのトレーニング
・瞬間英作文
・独り言

リスニングのためのトレーニング
・発音
・ディクテーション
・シャドーイング

それぞれ解説すると長くなってしまうので、英語学習の完全マップ【基礎・初級・中級・上級で解説】に詳しくまとめました。

まとめ

英会話初心者がやらないほうがいい7つのこと
・英会話教室に行く
・聞き流し教材・1日5分ででネイティブレベルに!という教材を買う
・映画・海外ドラマを見る
・英語フレーズの本を暗記する
・英語の学習書を何冊も買う
・長期留学する
・単語帳ばかりやる

この中で、絶対にやってはいけないのが、「聞き流し教材・1日5分で〜系の教材を買う」「参考書を何冊も買う」の2つです。

他の方法は、やり方や状況によっては使えることもありますが、この2つだけは効果がないです。

英語の最も効果的な勉強方法については、英語学習の完全マップ【基礎・初級・中級・上級で解説】にまとめたので、ぜひ参考にして欲しいです。

僕自身は、中級者の時に留学をして英語の習得に挫折をしているので、読者の方には挫折せずに最短ルートを通って欲しいです。

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

記事が役立てば幸いです。

プロフィール