リズムとイントネーションが発音の鍵!流れるような英語にする方法

なかなか英語の発音が上手くならなくて悩んでいる人

なかなか英語の発音が上手くならなくて悩んでいる人
「英語の発音の勉強をしているけど、なかなか上達しない…。単語の発音はあってるはずなんだけど、なんかネイティブの発音とイントネーションが違うなぁ。どうやったら流れるようなイントネーションとリズムになるんだろう?詳しい人に聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・イントネーション(抑揚)を作る2つの要素「チャンク(区切り)」と「アクセント(ストレス)」
・正しい英文のチャンク(区切りかた)とは?
・アクセントを置くべき場所とは?

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。
現在は、ネイティブに近いレベルで英語を話せるようになっています。

ちなみに、僕の発音はこんな感じです。ランダムに作った文章を読んでみました。
まだまだ完璧とは言えませんが、それっぽく聞こえるのではないかと思います。

今回は、ネイティブのような流れるような発音にする方法を解説します。

結論から言うと「正しい位置で英文を区切って、正しい位置にアクセントを置くこと」です。

英語発音のリズムを作るチャンクとは

英語発音のリズムを作るチャンクとは

チャンクとは「英文を意味のまとまりで分解したもの」のことです。

例えば、I  stayed  at  his  place  yesterday  because  my  mother  was  angry.

この文をチャンクごとに分けるとこうなります。

I stayed     /   at  his  place   /   yesterday   /   because   /   my  mother   /   was  angry.
誰が何をした どこに    いつ   なぜなら  誰が   こうだった

このように、意味ごとに英文を分解したものをチャンクと呼びます。

英語発音に欠かせない、アクセント(ストレス)を置く場所

英語発音に欠かせないアクセント(ストレス)を置く場所

英語のアクセントは「単語ごとのアクセント」「チャンクの中のアクセント」の2種類があります。

単語ごとのアクセント

英語では単語ごとにアクセントを置く場所が決まっています。
単語ごとのアクセントは中学・高校で習うので、親しみがあるかと思います。

例えば「exit」(出口)という単語を例にして考えてみます。
カタカナで表記すると「エグジッ」という発音になります。

アクセントを置く場所は「エ」なので、「グジッ」という発音になります。
「ジ」にアクセントを置いて「エグッ」と発音するとほぼ100%通じません。

これが中学高校で習ってきた、単語ごとのアクセントです。

イントネーションを作るのはチャンクの中のアクセント

チャンク内のアクセントが英語のイントネーションを作っていきます。

これは学校で習わないことが多いですが、チャンクの中でアクセントをつけるべき部分が分かると一気に英語の発音がネイティブに近づきます。

アクセントを強調すべき単語:直接的な意味を含むの単語、基本的には1チャンクに1つある
アクセントを強調しない単語:それ以外の単語。例えば、「I」「he」「she」などの代名詞、「because」「when」などの接続詞、「at」「in」などの前置詞

これでは分かりにくいので、先ほどの英文を使って説明していきます。

I  stayed  at  his  place  yesterday  because  my  mother  was  angry.
チャンクで分けると:I  stayed / at  his  place / yesterday / because / my  mother / was  angry.

この英文だと、強調して発音すべきなのは「stayed」「place」「yesterday」「mother」「angry」のアクセントです。

becauseは強調しないので、my motherのチャンクと一緒にしてしまいます。

強調する単語を太文字で表すとこうなります。
stayed / at  his  place / yesterday / because  my  mother / was  angry.

さらにわかりやすいように、アクセントを置く母音だけを強調して表すとこうなります。
I  stayed / at  his  place / yesterday / because  my  mother / was  angry.

それでは、まずはチャンクごとのアクセントを気にせず発音してみます。
これだとチャンクの中に強調されている部分がないので、ネイティブからすると聞きづらい英語です。

チャンク内の発音を強調して発音してみるとこうなります。
かなり強調して発音しましたが、はじめの音声より英語らしい発音になっているかと思います。

まとめ

英語のイントネーションを作る要素
・チャンク(区切りかた)
・アクセントを置く場所
アクセントは2種類
・単語ごとのアクセント
・チャンクの中のアクセント(こっちが重要
チャンク内でアクセントを強調すべき単語:直接的な意味を含むの単語、基本的には1チャンクに1つ
アクセントを強調しない単語:それ以外の単語。例えば、「I」「he」「she」などの代名詞、「because」「when」などの接続詞、「at」「in」などの前置詞
英語は波のようなリズムで話す言語です。
強調すべきアクセントの場所が分かると、一気にネイティブのようなイントネーションに近づきます。
正確な発音ができなくても、正しくアクセントが置けると英語は通じるようになるので、外国人に英語が通じないと悩んでいる場合は、イントネーションのことも考えてみてください。
スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:まとめ記事・ロードマップ

プロフィール