英語はチャンクごとの記憶が必須【英語リスニングを自動化する方法】

英語のリスニングを伸ばしたい人
「英語はチャンクを意識するといいって聞いたけど、そもそもチャンクってなんだ?覚えるとどんないいことがあるんだろう?よくわからないから詳しい人に聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・チャンクとは何なのか詳しく解説
・英語をチャンクで覚える意味を説明
・チャンクを身につけるためにやるべきことを解説
・チャンクを覚えるのにオススメの動画を紹介

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。

現在は、ネイティブレベルで英語を使えるようになっており、英会話の効率的な勉強法を教える英会話コンサルタントとして活動しています。

今回は、英語のリスニング学習に必須の「チャンク」について解説します。

結論から言うと「チャンクを意識してリスニング学習をすると、リスニングが自動化されるので、絶対に知っておくべき。」です。

それでは、「そもそもチャンクとは何なのか」から解説していきます。

そもそもチャンクとは何なのか?

チャンクとは?

チャンクとは、英語に訳すと「塊」。
英語の文章の中の意味のまとまりのことです。

チャンクには、大きなチャンクと小さなチャンクがあります。

例えば以下の文章を例にして考えてみます。
「I was using his computer when he came home.」

大きなチャンク:I was ~ing when(~していた時~が起こった)
大きなチャンク:when he came home(彼が帰ってきたとき)
小さなチャンク:came home(家に帰る)

もう一つチャンクの例を挙げてみます。

「Do you mind if I use your laptop?」
(パソコン借りてもいいですか?)
大きなチャンク:Do you mind if ~(~してもいいですか?)

なぜ、チャンクで考えることに意味があるのか?

チャンクで英語を覚えるのは、英語の処理を自動化することができるからです。

英語を聞いた時の脳はパンク状態

英語のリスニングをしているとき、頭の中では3つのことが同時に起こっています

・英語の音を聞き取る
・単語の意味を理解
・文法として意味を理解

脳内で使える容量は決まっているので、全て意識して行うと、脳の処理が追いつかず、聞いている英語が理解できなくなります。

具体例

「I was using his computer when he came home.」
この文章を例にして考えてみます。

チャンクで捉えると意味を考えるべき部分は3つです。

一方、チャンクを意識しないと単語9個+文法の意味を考える必要があります。

チャンクが頭の中にある状態
チャンク1:I was using his computer(~をしていた)
チャンク2:when he came home(~のとき)
チャンク3:I was ~ing when(~していた時~が起こった)

この3つがチャンクとして頭の中に入っていたら、文法を考える必要はほぼないので、あとは単語の意味を考えるだけで済みます。

チャンクが頭の中に入っていない場合
9個の単語を聞き取って、その後に文法の意味を考える
→頭の中で処理が追いつかないので聞き取れない

結論

このように、チャンクで英語を覚えると、「文法の意味を理解する」の部分を自動化することができます。

そのため、脳の負荷が減り、リスニングができるようになります。

チャンクを意識する前に必要なこと

チャンクを意識するためには、基礎文法をマスターしている必要があります。

英文を聞いたり読んだりした時に、基礎文法がしっかり理解できていると、チャンクごとに区切ることができます。

中学英語まで理解できている人であれば、リスニングができるようになるまで、それ以上の文法はあまり重要ではないです。

中学文法に自信がない方は、【英語初心者向け】基礎固めにおすすめの本・教材【文法書と単語帳】にオススメの文法書をまとめたので、1冊やってから学習すると効率よく勉強することができます。

7割くらい理解したら、リスニング学習に進んでOKです。

チャンクを身につけるためにやるべきこと

チャンクを身につけるためには、2つのことが大切です。

・チャンクを意識したリスニング
・1つにリスニング教材をやりこむ

チャンクを意識したリスニング

リスニングをしながら常にチャンクを意識する必要はありません。

リスニングをしていると自分が聞き取れないところが必ず出てきます。

そこで、なぜ聞き取れないのかを分析してください。

文字にして読んでもわからない場合
→文法・単語の意味が理解できていない
じっくり読めば理解できる場合
→単語の意味が完璧に覚えられていない
→もしくは、英文をチャンクで捉えられていない

ここで、課題がチャンクであればチャンクを意識して何度も聞いてください。

1.5倍速くらいにして聞くのもおすすめです。
参考:倍速の英語でリスニングは劇的に伸びる!理由と倍速の使い方を解説

チャンクで英文を捉えられると2倍速でも聞き取ることができるようになります。

1つのリスニング教材をやりこむ

次の単語や文法が予測できるところまでやりこむと、チャンクが覚えられます。

英語のリスニングができる人は、英語が100%聞き取れているのではなく、正確な予想ができているだけです。

僕たちが日本語を理解するときも同じで、単語が聞き取れなくても、前後の流れで脳が勝手に聞こえなかった部分を補ってくれます。

リスニング教材を使うときは、次の単語や文法が予想できる状態にまでやりこむことが大切です。

チャンク学習にオススメの教材

チャンクを覚えるのにはスピーチが最もおすすめです。

スピーチでは同じ表現を避けるために、ありとあらゆる表現をするので、多くの種類のチャンクを覚えることができます。

この辺りは初心者でも理解しやすい単語&内容の動画です。

まとめ

チャンクとは?
・チャンクとは、英語の文章の中の意味のまとまりのこと
なぜ、チャンクで考えることに意味があるのか?
・英語の処理を自動化することができるからです。
チャンクを意識する前に必要なこと
・基礎文法をマスターしていること
チャンクを身につけるためにやるべきこと
・チャンクを意識したリスニング
・1つにリスニング教材をやりこむ
チャンク学習にオススメの教材
・スピーチ

学校のリーディングでは教えてくれないこともありますが、英語を理解する上でチャンクごとに覚えることは欠かせません。

リスニングに伸び悩んでいる方は、チャンク意識してリスニングしてみてください。

この記事がリスニング学習をしている人の役に立つと嬉しいです。

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

プロフィール