【これを知れば疲れない!】英語のリスニングで疲れる理由と解決方法

英語のリスニングをすると異常に疲れる人
「英語のリスニングってかなり疲れる…
日本語を聞いている時のように、自然に英語が入ってくるようにするにはどうしたらいいんだろう?
詳しい人に話を聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・英語のリスニングで疲れる原因
・リスニングをしても疲れないようにする方法

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。
現在は、字幕なしで海外ドラマがほとんど理解できるようになっています。

今回は、リスニングをすると疲れる理由と、その解決用法を解説します。

結論から言うと「リスニングをしている時の脳の処理を自動化・省エネ化することでリスニングで疲れなくなる」です。

英語のリスニングをすると疲れる理由

英語のリスニングをすると疲れるのは、脳が日本語を聞く時以上に活動しているからです。

リスニングをしているときに脳が行なっていることは以下の2つです

・音を聞き取る
・意味を理解する

疲れないようにするには

英語のリスニングで疲れなくする方法は、英語のリスニング力を伸ばすための方法とほとんど同じです。
リスニングで行なっているそれぞれの作業を省エネ化することで、徐々に疲れなくなってきます。

ここからは、「音を聞き取る」「意味を理解する」というリスニング中に脳が行なっていることを自動化する方法を紹介していきます。

リスニングで疲れなくする方法1:音の聞き取りを省エネ化

音の聞き取りを省エネ化することで、リスニングが自動化されて、疲れにくくなります。

音の聞き取りは、「1つ1つの音を聞きとる能力」と「音のつながりを聞き取る能力」の2つに分かれます。

音の聞き取りを省エネ化するには、2つのトレーニングが有効です。

・発音学習
・シャドーイング

発音学習:1つ1つの音の聞きとりを省エネ化

発音を覚えることで、1つ1つの音の聞き取りが自動化されます。

これは、英語のリスニングを始める前の基礎段階です。

知らない音を聞きとることはできないので、リスニングの勉強をする前に、英語にしか存在しない音を覚える必要があります。

また、語学習得には「発音できる音は聞き取りやすくなる」という法則があるので、発音を覚えてしまった方が効率よくリスニング能力が伸びます。

詳しくはリスニング上達には英語の発音勉強!その理由と学習方法を解説を参考にしてください。

シャドーイング:音のつながり・変化の聞きとりを省エネ化

英語では、発音をしやすいように、単語の終わりの音と単語のはじめの音をつなげたり、変化させたりして発音することがよく起こります。

シャドーイング(英語音声に0.5秒遅らせて発音するトレーニング)をすることで、この音のつながりや変化に慣れることができます。

シャドーイングのやり方はシャドーイングの効果と正しいやり方【英会話上達に必須の勉強】で解説しています。

のつなげ方は無数にあります。
なので、ルールを覚えるというよりは、何度も同じような発音に触れて慣れるようにしていくといいです。

リスニングで疲れなくする方法2:意味の理解を省エネ化

意味の理解を省エネ化するには、3つのトレーニングが有効です

・文法・単語力
・速読
・速聴

文法・単語力:意味を予想することを省エネ化

文法・単語力をつけることで、意味の理解を自動化できます

通常、単語の意味がわからないところは、脳内で予想することで文章の意味を理解しています。

しかし、そもそも使われている文法と単語を知っていれば、意味を予想する必要はないです。
結果、脳が必要以上に活動しなくてすみます。

日本語でも、専門用語の多い本を読むと疲れるように、英語では自分の知らない単語がたくさん出てくると、予想することに頭を使うので疲れます。

速読:英語のスピードに慣れる

速読をすることで、英語のスピードに慣れることができます。

「ゆっくり聞けばわかるけど、ネイティブのスピードで話されるとついていけない」という場合、ただ単にスピードに慣れていない場合が多いです。

リスニングで聞く以上のスピードで読むことができるようになれば、リスニングの際の負担が大きく減ります。

速聴:日本語への翻訳をしなくなる

速聴(1.5倍速くらいでリスニング)は、「英語を日本語に翻訳してから理解する」という癖を直すのに役立ちます。

脳内で英語を日本語に直すプロセスがなくなるので、大幅な省エネ化ができます。

実際のリスニングでは、聞き取るチャンスは1回しかありません。
もちろん聞き直すことはできるのですが、何度も聞き直すと、会話が成り立ちません。

速聴のトレーニングでは、1度しか流れない音声を聞き取るので、実際に会話している時のリスニングに近い状態でトレーニングができます。

詳しいやり方は、倍速の英語でリスニングは劇的に伸びる!理由と倍速の使い方を解説を参考にしてください。

まとめ:英語のリスニングで疲れなくする方法は、英語のリスニングを伸ばすための方法と全く同じ

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
この記事で紹介した以外の方法も紹介しています。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】
リスニングが疲れる理由
脳がいつも以上に情報を処理しているから
リスニングをしているときに脳が行なっていること
・音を聞き取る
・意味を理解する
これらを自動化・省エネ化すると、リスニングで疲れることがなくなる
「音の聞き取り」を省エネ化するための2つのトレーニング
・発音学習
・シャドーイング
「意味の理解」を省エネ化するための3つのトレーニング
・文法・単語力
・速読
・速聴

英語のリスニングを自動化しようとすると、英語のリスニング力が上がっていきます。

逆に、自動化しようとせずにただリスニングの勉強をしていてもリスニング力は上がっていきません。

参考記事:【完全版】英語のリスニング勉強法を徹底解説:初級から上級に対応

こちらの参考記事に、リスニング力を上げるために必要な知識から勉強法まで全てをまとめました。

よかったら参考にしてください。

プロフィール