【動画付き】英語の発音は舌の位置が全て!日本人が苦手な発音を解説

英語の発音が苦手な人

英語の発音が苦手な人
「英語の発音難しすぎ…。どうやったら正しい英語の発音ができるようになるんだろう?発音には舌の位置が大切って聞いたけど、舌の位置って具体的にどうすればいいんだ?英語の発音に詳しい人に聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・日本人が苦手な発音を動画付きで解説
・舌の位置さえ覚えれば、ほとんどの発音は難しくない

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)とイギリス文学を専攻していました。
現在は、ネイティブに近いレベルで英語を話せるようになっています。

ちなみに、僕の発音はこんな感じです。ランダムに作った文章を読んでみました。

まだまだ完璧とは言えませんが、それっぽく聞こえるのではないかと思います。

今回は、日本人が苦手な英語の発音を舌の位置に注目して解説します。

結論から言うと「正しい舌の位置さえ覚えれば英語の発音はそこまで難しくない」です。

この記事と記事内で紹介する動画では、国際音声記号(IPA)と呼ばれる発音記号を使って説明をしています。

音声記号を覚えると、正しい英語の発音を覚えるのに非常に役立ちますし、この記事の内容がより確実に理解できるようにもなります。
参考:【全て音声付きで解説】発音上達に必須!英語の発音記号とは?

[æ] ・ [ɑ] ・ [ɔ]の舌の位置

個人的にはこの3つの違いが一番難しいです。
3つとも日本語の母音「ア・エ・オ」に近いけど微妙に違う音です。

[æ]・[ɑ]・ [ɔ]といった英語の母音は、住んでる国や地域によって発音が違うので、どれが正解というのは決められないです。
ここでは標準的なアメリカの発音を紹介しています。

1本目の動画が[æ] と[ɑ]の違いの動画、2本目が[ɔ]の発音です。
日本語の動画も探しましたが、母音の解説は難しいようで、いい動画が見つかりませんでした…

[θ]・[ð]の舌の位置

日本人が苦手にしている音です。
発音の仕方を覚えれば発音自体は難しくないのですが、実際に話しているときに使うのが難しいです。

[l]・[r]の舌の位置

[l]と[r]は日本人が苦手な音と言われていますが、正しい舌の位置を知ればそこまで難しくないです。

Rの発音は巻き舌で発音すると言われることがありますが、この説明は実は間違っていて、舌を引っ込めて喉を鳴らすように発音することで簡単に発音することができます。

[s]・[ʃ]の舌の位置

[s]・[ʃ]違いは、舌の位置というよりは口の形です
発音自体は難しくないですが、文章中で使うときに混乱しがちです。

[b]・[v]の舌の位置

[v]の正しい発音を覚えれば、[b]と[v]を分けて発音できるようになります。
[b]に関しては日本語のバ行とほぼ同じ発音です。

[f]・[v]の舌の位置

[f]と[v]は下唇を噛んで発音すると言われていますが、そこまで無理をして噛む必要はありません。
慣れてしまえば、会話中にも意識せずに発音できるようになります。

[w]の舌の位置

[w]は日本語にない発音なので、少し苦戦します。
慣れてしまえば、会話中に発音するのも難しくないです。

発音の勉強におすすめの教材

基礎に関しては、発音が学べる本を1冊やれば十分です。

発音に関する本は、シンプルさとわかりやすさから「英語耳」がおすすめです。
2004年に発売にも関わらず今だにアマゾンのランキング1位のベストセラーです。

英語耳改訂・新CD版 発音ができるとリスニングができる [ 松澤喜好 ]
created by Rinker

また、「フォニックス」というアルファベットの読み方を知っていると、みたことがない単語でも発音できるようになります。
参考:【英語発音の基礎・フォニックスとは?】効果とおすすめ教材を紹介

発音記号とフォニックスという基礎が終わったら、あとは自分で使っていくだけです。

僕はシャドーイングというトレーニングを、発音に注意してやっています。

ちなみに、シャドーイングはリスニングを鍛える最も効率のいい方法です。
参考:シャドーイングの効果と正しいやり方【英会話上達に必須の勉強】

まとめ

日本人が苦手としている発音を紹介してきました。

自分の苦手としている発音を克服すると、さらに自信を持って英語を話せるようになります。
それだけでなく、発音を覚えるとリスニングで音が聞き取りやすくなります。

発音の仕方を覚えると一気にネイティブに近い話し方になるので、ぜひ動画を参考に発音の勉強をしてください!

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

プロフィール