【意外と少ない】英語のスピーキングに必要なすべての文法【まとめ】

スピーキングに文法が必要か悩んでる人

スピーキングに文法が必要か悩んでる人
「英語が話せるようになるためには、文法が必要だよね。てことは、もっと難しい文法も覚えておかないと話せるようにならないよなぁ。え、スピーキングができるようになるには、そこまで文法は必要じゃないの?どういうことか分からないから、詳しい人に聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・中学文法さえわかっていれば英会話には十分なことを解説
・英語を話すために必要な文法をまとめて紹介
・逆に、覚えなくてもいい文法を紹介

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。

現在は、ネイティブレベルで英語を使えるようになっており、英会話の効率的な勉強法を教える英会話コンサルタントとして活動しています。

今回は、英語のスピーキングができるようになるために必要な文法について解説します。

結論から言うと「中学レベルの文法があれば英語で言いたいことが言えるようになる。」です。

スピーキングに必要な文法は少ない

スピーキングに必要な文法は少ない

英語が話せるようになりたい場合、覚えおくべき文法は意外と少ないです。

まず目指すべき姿

以下は、僕が考える「英会話を始めたばかりの人の理想的な考え方」です。

・英語はとにかく伝わればいい
・正しい文法よりも会話のテンポ重視
・リスニングは聞き直せばいい

「文法なんていらない」と言っているわけではなく、「優先順位を考えたときに文法は後回し」という意味です。

英会話ができるようになりたい場合、まずは単語を並べるだけでもいいので、会話できるようにするのが最短ではないでしょうか。

英会話の本質は「英語でコミュニケーションを取る」の1点のみです。

そこから、単語や文法といった技術を身につけて少しずつ綺麗な英語にしていけばいいわけです。

文法ができても英語は話せない

英語の先生はかなりの文法知識を持っていますが、全員が英語を話せるわけではないですよね。

逆に、「英語が話せる人全員が文法の知識があるか」と言われれば、そんなことはありません。

つまり、文法をどれだけ知っていても話す練習をしなければ英語は話せないですし、文法を詳しく知らなくても話す練習をすれば話せるようになります。

結論

文法知識は必要だけど、まずは話す練習の方が大切
難しい文法用語は覚えなくていい

スピーキングのために覚える必要のある文法

スピーキングのために覚える必要のある文法

英語で話すために覚えておかなければいけないのは、中学で勉強するレベルの文法のみです。

逆に言えば、ここで紹介する文法さえ覚えておけば、英語を話すことができます。
実際に僕は英語で会話するとき、ここで紹介する文法を使うことがほとんどです。

*最近は表現の幅を増やすために仮定法とかを使うようにしています…

ここでは、一つ一つ簡単に紹介していきます。
*上から大切な順に並べています

5文型

いわゆるSVOとかSVOOとかの形です。
これが英語の型になるので、100%覚えなくてはいけないです。
逆に言えば、英語には5つの文の型しか存在しません。

・SV
・SVC
・SVO
・SVOO
・SVOC

英語の5文型を作る要素

SとかVとかOとかCとか、なんのことか分かりにくいので、簡単に説明します。

・S=主語
・V=述語
・O=目的語
・C=補語

SとVは主語と述語で、これがないと英語の文が成り立たないので、「主人公」とします。

主語
・「僕」は~
・「私」は~
・「あの椅子」は~
・「向こうで手を振っている小太りのおじさん」は~
など
述語
・動く
・座る
・飲む
・食べる
など

OとCは目的語と補語で、なくても文章が作れるので、「脇役」と言えます。

補語
SVOの時はS=Cになり、SVOCの時はO=Cになります。
例1He is John(彼はジョンです。) 彼=ジョン
例2:I call him John(私はこれをジョンと呼ぶ)彼=ジョン
目的語
主語でも述語でも補語でもなければ目的語です。

名詞

物の名前です。
主人公(主語)になれます。


・apple
・car
・beer

動詞

「何かをする」
主人公(述語)になれます。


・drive
・get
・go
・play

形容詞

ものの様子です。
脇役なので、「名詞を詳しくする」ために生きています。
主人公(主語と述語)にはなれません。


・beautiful
・great
・strong
・hard

副詞

何かのやり方です。
脇役なので、「動詞を詳しく説明する」ために生きています。
主人公(主語と述語)にはなれません。


・beautifully
・strongly
・powerfully
・always
・sometimes

助動詞

・will
・can
・may
・might
・could
・should
・would
など

時制

主に4つの時制があります。

・現在形
・過去形
・進行形
・未来形

時制によって、いつ起こったこと(起こること)なのかが決まります。
それぞれ、以下の内容を言うことができます。

・現在形:現在のこと
・過去形:過去のこと 動詞の終わりにedをつけることが多い
・進行形:行われている最中のこと be ~ingの形になる
・未来形:未来のこと willもしくはbe going to ~の形になる

to + 不定詞

主に3つの使われ方があります。

~すること
To play soccer is fun
(サッカーをすることは楽しい)
~するための
He buys something to drink.
(彼は飲むための何かを買う)
~するために
She is studying to pass the exam
(試験を通過するために勉強している)

ifの使い方

主に3つの使われ方があります。

・if + 過去形=(そんなこと起こらないけど)もし~なら~
・if + 現在形=もし~なら~
・「~かどうか」のif

比較

何かと何かを比較するときに使います。
例:「~は~よりも高い」(~ is taller than ~)

受け身

「~に~される」という文を作るときに使います。
例:This pencil is used by him(このペンは彼に使われた。)

動名詞

「~すること」と訳せるものです。
例:Playing soccer is fun(サッカーをすることは楽しい)

関係詞

文と文をつなげるときに使います。


・that
・which
・where
・who
・whose
・whom

スピーキングには必要ない文法

スピーキングには必要ない文法

スピーキングには必要のない文法がたくさんあります。

上で紹介していない文法は、基本的にはスピーキングで使うことがないので、まずは覚えなくても大丈夫です。

完了形→覚えなくてもいい
とりあえず過去形で言っておけばOKです。
後々覚えていきましょう。

冠詞&複数形→適当でOK
複数と単数だけ覚えておけばOKです。
theとaの違いなど、細かい決まりは後々覚えていきましょう。

その他のなんだかよくわからない文法
過去完了、未来完了、関係副詞などなど他にも文法はありますが、英会話中は使わないので、とりあえず覚えなくてOKです。

結論

難しい文法は使わなくて良い。

英語で言いたいことが言えるようになったら、少しずつ覚えていくと良い。

まとめ

スピーキングのために覚えておきたい文法と文法用語一覧

5文型
・SV
・SVC
・SVO
・SVOO
・SVOC
英語の5文型を作る要素
・主語
・述語
・補語
・目的語
時制
・現在形
・過去形
・進行形
・未来形
to + 不定詞
・~すること
・~するための
・~するために
ifの使い方
・if + 過去形 = (そんなことは起こらないけど)もし~なら~
・if + 現在形 = もし~なら~
・「~かどうか」のif
~詞系の文法用語
・名詞
・動詞
・形容詞
・副詞
・助動詞
・動名詞
・関係詞
その他
・比較
・受け身

こう見ると多く感じるかもしれませんが、ほとんどの内容は中学校の英語の授業で習うものです。

そう考えれば、追加で覚えるべきことはそこまでないのではないでしょうか。

この記事がスピーキング力を伸ばしたい人の役に立つと嬉しいです。

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

プロフィール