英語スピーキングの苦手を解決する方法【思っているより簡単です】

英語のスピーキングが苦手な人
「英語のスピーキング苦手だなぁ…。なんで、読むことはある程度できるのに、話せないんだろう?え、どれだけ読めてもスピーキング力とは関係ないの?どういうことかわからないから、詳しい人に聞きたい!」

こんな疑問に答えます。

この記事の流れ
・日本人がスピーキングが苦手な理由を解説
・スピーキングの苦手意識を克服する方法を解説

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。

現在は、現在は、ネイティブレベルで英語を使えるようになっており、英会話の効率的な勉強法を教える英会話コンサルタントとして活動しています。

今回は、日本人がスピーキングが苦手な理由について解説します。

結論から言うと「勉強していないから苦手なだけで、基礎がある人がやればすぐにできるようになる」です。

英語のスピーキングが苦手な理由

英語のスピーキングが苦手な理由は3つです。

・勉強していないから
・文法・発音を気にしすぎているから
・日本語と英語が言語的に遠いから

勉強していないから

「スピーキングの勉強をしていないからできない」というのがいちばん大きな理由です。

習っていないし、練習もしていないことをいきなりやるのは、誰だって無理です。

いきなりスピーキングをしようとするのは、サッカーを見たことがあるだけの人がいきなり試合をやるようなものです。

日本の英語教育では、スピーキングはほとんど習わないので、どれだけ英語を読めたとしても英語を話すことはできません。

実際に、僕も大学の初日のスピーキングクラスで全く英語が話せなかったのを覚えています…。
自己紹介して、自分の好きなことを少し言ったら、それ以上は何も話せない…と言った感じでした。

センター試験の英語では満点を取れていたので、読む力はあったはずです。

ただ、これはチャンスと捉えることができます。
日本人は受験勉強で英語の基礎は固まっているので、あとは話す練習をするだけでいいんです。

文法・発音を気にしすぎているから

文法と発音を過剰に気にしているのも、スピーキングが苦手な原因です。

発音
発音に関しては、ほとんど気にする必要はありません。

世界中で英語が話されていますが、人それぞれ特徴があります。
フランス人にはフランス語の訛り、スペイン人にはスペイン語の訛りがあります。

だから、日本人も日本語の訛りがあって当然です。

発音を綺麗にしたい気持ちはわかりますし、僕も発音改善には取り組んでいます。

ただ、完璧な英語を話せるのは母語として英語を話す人たちだけなので、僕たちは発音をパーフェクトにする必要はありません。

文法
大まかな文法を理解できていれば、細かい文法は間違っていても大丈夫です。

「過去形・現在形・未来形の違い」「複数形のsをつけるかつけないか」などは間違っていても通じるので気にしなくてオッケーです。

ただし、基礎的な文法を使えないと、そもそも文章を作ることができないので、基本文法は必要です。

詳しい勉強法は、【これで英語が話せる】スピーキングの瞬発力を上げる方法【要努力】で解説しています。

日本語と英語の言語的な遠さ

日本語と英語が言語的に正反対である点も、英語のスピーキングが苦手な理由の一つです。

日本語と英語は動詞と目的語の語順が違うので、話す前に、英語の形に慣れなければいけません。
また、共通している単語もほとんどありません。

語学留学に行くと、ヨーロッパ系の人たちが初心者にも関わらず英語をスラスラと話しているのをよく見かけます。
これは、彼らの言語と英語が語学的に近いことが理由です。

例えば、スペイン語が話せる人を例にして考えてみます。
英語の文法はスペイン語の文法を簡単にしたバージョンです。
また、単語も共通のものが多いです。

と言うことは、彼らはある程度単語さえ覚えれば、自分たちの文法を使って話せるということです。

つまり、残念ながら、日本人はヨーロッパ圏の人たちよりも多く勉強しないと英語を話せるようにはならないです。

スピーキングの苦手を克服する方法

スピーキングの苦手を克服する具体的な方法は3つあります。

・メンタルブロックを壊す
・最低限の発音を身につける
・基礎的な文法・単語を使えるようにする

メンタルブロックを壊す

苦手を克服するために一番大切なのは、完璧でなければいけないという意識をなくすことです。

英語で一番大切なのは、伝えることです。

英語はコミュニケーションツールに過ぎないので、最初は伝わればいいんです。

日本にいると、英語の発音が悪くて笑われることはありますが、海外ではそんなことは少ないです。

そもそも完璧な英語を話せる人が少ないので、誰も発音なんて気にしていないです。

最低限の発音を身につける

とはいえ、完全にカタカタ英語の発音では英語が通じないことがあります。

英語の母音(アイウエオ)の音をマスターするのは、上級者にも難しいので、まずは、子音(アイウエオ以外)の音だけ発音できるようにしてください。

英語は、子音を強調して発音するので、子音の発音ができれば伝わる英語になります。

おすすめテキストは「英語耳」です。

英語耳改訂・新CD版 発音ができるとリスニングができる [ 松澤喜好 ]
created by Rinker

基礎的な文法・単語を使えるようにする

基礎的な文法・単語を使えるようになるには、2つのトレーニングが有効です。

瞬間英作文
日本語を読んで、瞬間的に英語にするトレーニングです。

瞬間英作文をやると、基礎文法を使いこなせるようになります。

詳しいやり方は長くなるので、瞬間英作文のおすすめアプリ&教材【正しいやり方と効果も解説】にまとめました。

おすすめテキストは、「どんどん話すための瞬間英作文」です。
文法ごとに出題されるので、基礎文法を使いこなすのに最適なテキストです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 反射的に言える (CD book) [ 森沢洋介 ]
created by Rinker

独り言
2つ目のトレーニングは英語で独り言です。

https://twitter.com/shutofuruya/status/1122485617181507586

はじめの頃はこんな感じで、事前にある程度回答する流れを作っておくと話しやすいです。

僕のツイッターでは、毎日独り言用の質問をツイートしているので、よかったらフォローして独り言に挑戦してみてください。

基礎が身についた後

基礎(なんとか英語で言いたいことが言える)ができた後はとにかく英語を使ってください。

オンライン英会話だったら、毎日50分のマンツーマンレッスンが月額6000円前後なので、30日間使ったら1レッスン=200円と超格安です。

レッスンは、どこの会社を選ぶかではなく、どの先生とやるか次第なので、大手のオンライン英会話を選ぶのが無難です。

DMM英会話レアジョブ英会話QQ Englishオンライン英会話が日本のオンライン英会話の大手です。

まとめ:スピーキングの苦手意識は正しい勉強をすればなくなる

英語のスピーキングが苦手な理由
・勉強していないから
・文法・発音を気にしすぎているから
・日本語と英語が言語的に遠いから
スピーキングの苦手を克服する方法
・メンタルブロックを壊す
・最低限の発音を身につける
・基礎的な文法・単語を使えるようにする
基礎が身についた後
・とにかく英語を使う

どれだけ中高で英語の成績がよくても、英語のスピーキングに関してはほとんどの人が0からのスタートです。

ですが、基礎さえできていれば、思ったよりスピーキングは難しくないです。

「言いたいことが英語で言える」と言うレベルまでなら、この記事で紹介している効率のいい勉強法でやれば2ヶ月ほどで到達できる人もいます。

英語で言いたいことが言えると、海外旅行の楽しみも広がります。

ぜひ、独り言と瞬間英作文から挑戦してみてください。

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

プロフィール