TEDを使って英語リスニング!正しい勉強方法と初心者向け動画

TEDを使ってリスニングの勉強をしたい人

TEDを使ってリスニングの勉強をしたい人
「英語のリスニングに TEDを使いたいけど、リスニング力が本当に上がるのかなぁ。TEDを使った効率のいい勉強方法があれば知りたい。初心者にオススメのTED動画も知りたいです。」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・英語のリスニング強化にTEDをおすすめする理由
・TEDを使った効率のいい勉強方法
・自分のレベルに合ったTED動画の探し方
・初心者にオススメのTED動画

この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
現在は、ネイティブに近いレベルで英語を話せるようになっています。

今回は、TEDを使った正しい英語のリスニング勉強法を解説します。
結論から言うと「ただTEDの動画を見ればいいわけではない」です。

リスニングにTEDがおすすめな理由

リスニングにTEDがおすすめな理由

英語リスニングにTEDをおすすめする理由は3つあります。

・1動画15分以内と短い
・難易度が様々
・各国の英語が聞ける

1動画15分以内と短い

TEDの動画は1動画15分以内と、短時間で動画を見終えることができます

映画や海外ドラマでリスニングの勉強をしようとすると、1本の動画を見終わるまでに時間がかかります。
1動画見終わるまでに映画だと長くて2時間、海外ドラマだと30分はかかります。
人の集中力は15分しか続かないとも言われているので、TEDの動画は集中して勉強するにはちょうどいい長さです。

プレゼンなので、文法的に正しい話し方がほとんど

人の前で話すプレゼンテーションでは、正しい文法や単語を使う必要があるので、英語学習にぴったりです。

正しい表現や丁寧な表現だけを覚えればいいとは思いませんが、くだけた表現の前に正しい表現を覚えるのは必須です。

TEDのスピーカーたちは丁寧な表現で説明してくれることがほとんどなので、正しい表現を覚えるのに最適です。

難易度が様々

TEDには初心者向けの動画から、超上級者向けの動画までそろっています。
様々なレベルの英語があるので、どのレベルのリスニング学習にも対応できます。

各国の英語が聞ける

TEDのスピーカーはネイティブばかりではなく、僕たちのように第二言語として英語を学んでいる人もいます。
そのため、特徴的なアクセントを持っている人もいます。

英語圏の国以外に海外旅行に行った際には、相手が英語ネイティブではないことがほとんどです。
日本にカタカナ英語があるように、それぞれの国でそれぞれの発音があります。
TEDの動画を見ると、各国のアクセントに慣れることができます。

自分の勉強に合ったTED動画の探し方

初心者と中上級者で選び方が変わります。

初心者:自分のレベルに合った動画
中・上級者:自分の興味がある動画(時には興味のないものを)

初心者向け動画

初心者のうちは自分のレベルに合った動画を見ることをおすすめします。

TEDには誰でも理解できる簡単な動画から、専門用語を連発する複雑な動画までいろいろなレベルのものがあります。

僕自身も、初心者の頃に「人間の脳の構造と感情について」という動画が面白そうなので見てみたら、単語が難しすぎて字幕を読んでも一切理解できないということがありました。

字幕を見ても理解できない場合、リスニングではなくリーディングの勉強になってしまうため、リスニング教材としてはふさわしくありません。

それでは、3本ほど初心者にオススメの動画を紹介します。

「Looks aren’t everything. Believe me. I’m a model.」

モデル・Cameron Russell がルックスが全てではないと語る動画です。
モデルとしてルックスが全ての世界で生きてきた彼女だからこそ語れる内容です。

「8 Secrets of Success」

成功のための8つのポイントが語られており、1千万再生を超えている大人気動画です。
話すスピードは少し速めですが、単語は簡単なものばかりです。
英語独特の音のつながり(リエゾン)に慣れるために最適な動画です。

「Try Something New for 30 Days」

新しいことに30日間挑戦しよう、という内容で、3本の動画の中では一番短く簡単な内容です。
英語の勉強も1ヶ月毎日続けると、習慣になってきます。
リスニングの勉強と同時に、モチベーションアップにもなる動画です。

中・上級者は興味があるものを

ある程度リスニングに慣れてきたら、自分の興味があるジャンルの動画を見ることをおすすめします。
英語を学んでいる人全員に言えることですが、飽きないように勉強するのが一番大切なことです。

楽しく勉強するには、海外ドラマを使うのがベストです。
参考:英語のリスニングは映画・海外ドラマで【おすすめの動画サービスも紹介】

とはいえ、好きな海外ドラマばかりを見ていると覚えている単語の分野が偏ってきます。
そんな時にはTEDを使ってリスニングの勉強もしてみてください。

興味のあるTED動画の探し方

TED TALKのページにアクセスします。
「DISCOVER」をクリックすると「Topics」が出てくるのでそこをクリックすると、色々なジャンルが出てきます。
ここから好きな動画を探してみてください。

興味のあるTED動画の探し方

TEDを使ったリスニング勉強方法

4STEPで勉強するのが最も効率がいいです。

Step1:英語音声・英語字幕で動画を見る
Step2:スクリプトを読んで理解できない単語・文法を調べる
Step3:「英語音声・字幕なし」で見る
Step4:シャドーイング

実は英語のリスニングは「音声知覚」(英語の音を聞けるかどうか)と「意味理解」(文の意味を理解できるか)という2つの要素に分かれており、この両方が出来ていないと英語のリスニングができるようになりません。

上に書いた4ステップでリスニングを行うことで、どちらの能力も鍛えることができます。「音声知覚」と「意味理解」について興味のある方は、英語の勉強法を科学的に解説【音声知覚・意味理解・概念化・文章化・発音】を参考にしてください。

STEP1:英語音声・英語字幕で動画を見る

まずは「英語音声・英語字幕」で動画をみてください。

字幕がなくても理解できる場合は、できるだけ音声だけで理解してみてください。
わからない単語・文法があるのはあたりまえなので、聞き飛ばして大丈夫です。

STEP2:スクリプトを読んで理解できない単語・文法を調べる

TEDでは英語の原稿を読むことができます。
原稿を読んでみてわからない単語があったら辞書で調べてください。
STEP2:スクリプトを読んで理解できない単語・文法を調べる

STEP3:「英語音声・字幕なし」で見る

今回は「英語音声・字幕なし」で見ます。

すでにわからない単語・文法を調べてあるので、これで理解できない箇所は完璧に覚えられていない単語や文法のあるところです。

わからない単語は単語帳に入れてください。
参考:最強単語アプリAnkiの使い方【iPhoneやAndroidでも使えます】

STEP4:シャドーイング

英語音声の後に0.5秒ほど遅らせて発音していくトレーニングです。
シャドーイングを行うことで、自分の聞こえていない単語、完璧に理解していない単語がわかります。

僕はStep3までのトレーニングをずっと続けていたのですが、Step4のシャドーイングを取り入れてから、劇的にリスニング力が上がりました。

シャドーイングは他のリスニング教材でもできるトレーニングです。
詳しくはこちらをどうぞ。
シャドーイングの効果と正しいやり方【英会話上達に必須の勉強】

まとめ

英語リスニングにTEDをおすすめする理由
・1動画15分以内で短い
・英語の難易度が様々
・各国の英語が聞ける
TEDを使った効率のいいリスニング勉強方法
Step1:英語音声・英語字幕で動画を見る
Step2:スクリプトを読んで理解できない単語・文法を調べる
Step3:「英語音声・字幕なし」で見る
Step4:シャドーイング
見るべき動画は
初心者:レベルにあったもの
中・上級者:自分の興味があるもの

TEDは科学的な話が多いので、海外ドラマや映画には出てこない単語を知ることができます。

さらなるレベルアップのために活用してみてください。

スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

人気記事 英語学習の完全マップ【基礎・初級・中級・上級で解説】
人気記事 英語コンサルタント・コーチング式英語スクールとは【システムと学校一覧】

プロフィール