英語のリスニングは通勤・通学中に【おすすめの勉強法&アプリ紹介】

通勤・通学中に英語の勉強をしたいと思っている人

通勤・通学中に英語の勉強をしたいと思っている人
「通勤・通学の時間ってかなり長いから、有効に使いたいなぁ。英語の勉強でもしようかなぁ?移動中に使える英語のアプリと、勉強方法を知りたい!詳しい人、教えてください!」

こんな疑問に答えます。

この記事の流れ
・日本人の通勤時間を計算
・英語学習を続けるコツを説明
・通勤・通学中に使うのにおすすめのアプリ&教材を紹介
・理想的な勉強スケジュールの例を紹介

記事の信頼性
この記事を書いている僕は、英語勉強歴7年ほど。
大学では、第二言語習得(効率のいい英語の習得方法を学ぶ学問)と英文学を専攻していました。
現在は、ネイティブに近いレベルで英語を話せるようになっています。

今回は、通勤・通学中に英語のリスニングを勉強する方法を解説します。

結論から言うと「リスニングとスピーキングが鍛えられるスタディサプリが通勤・通学中には一番おすすめ」です。

通勤・通学中に英語の勉強をするメリット

通勤・通学中に英語の勉強をするメリット

「毎日決まった時間に長時間勉強できる」ので、通勤・通学中は勉強を継続するのに最高の時間帯です。

日本人の通勤・通学時間

NHK文化研究所の研究によると、日本人の通勤時間は往復の平均で1時間20分です。

この数字は人によると思いますが、往復で1時間以上ある人が多いのではないでしょうか。
250日間の通勤・通学をしていると考えると、1時間20分×250=約333時間

正しい方法で英語を300時間勉強すれば、100%コミュニケーションを取れるレベルの英語が身につきます。

英語の勉強を続けるコツ

英語学習を継続する7つのコツ【これを守れば100%継続できます】で詳しく解説していますが、何かを継続するのに大切なのは「決まった時間に決まったことをやること」と「考えることなく習慣として行うこと」です。

「同じ時間に同じことをやる」を3ヶ月間ほど継続していると、意識せずに行える習慣になってきます。

そう考えると、時間帯と長さが決まっている通勤・通学の時間は、英語を勉強するのに絶好の時間帯です。

例えば、僕は家で昼ごはんを食べるときは絶対に単語帳をやることに決めているので、その時間に勉強するのはまったくつらくありません。
逆に、張り切っていつもと違う時間に勉強しようとすると、勉強している感覚になるので、かなり疲れます。

このように、「通勤通学中は勉強する時間」と決めて3ヶ月ほど継続していれば習慣になってくるので、特に考えることなく勉強ができるようになってきます。

通勤・通学中はスマホを使って勉強することが多くなると思うので、可能であれば通知オフ、もしくは機内モードにすると集中できます。

通勤・通学中に勉強できるアプリの紹介

通勤・通学中に勉強できるアプリの紹介

通勤中に使うなら、おすすめのアプリは「スタディサプリ English」と「どんどん話せるようになる瞬間英作文」です。

スタディサプリは、リスニングを中心に、スピーキングも練習できる通勤中にぴったりの教材です。
他にも教材はありますが、通勤中に声が出せない状態で勉強するならこの2つが最適です。

スタディサプリ English

このアプリだけやっていればリスニングはほぼマスターできます。

問題付きのリスニング、ディクテーション(聞こえた英語の書き取りをするトレーニング)などがあり、総合的にリスニング能力を上げられます
個人的にはスピーキングの内容が少し薄いと感じるので、別の教材を一緒に使うとさらに効果が高まります。

詳しくは【実際に使った感想】スタディサプリEnglishの評判・効果を参考にしてください。
キャンペーン中であれば、お試しで1週間無料で使うことができます。

スタディサプリのレベル判定を試して、一番上のレベル7だった人は【完全版】英語のリスニング勉強法を徹底解説:初級から上級に対応を参考に教材を選んでください。

どんどん話せるようになる瞬間英作文

瞬間英作文は英会話以上にスピーキングに効果がある勉強方法です。

スタディサプリでも瞬間英作文ができるのですが、少しボリュームが足りないので、この教材を一緒にやるとさらに効率よく勉強できます。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 反射的に言える (CD book) [ 森沢洋介 ]
created by Rinker

電車内では声を出せないと思うので、小さな声でつぶやく程度で大丈夫です。

声を出すことで効果が上がるので、誰にも聞こえないレベルの声でもいいので、発音するようにしてください。

この教材は初心者~中級者向けです。

ある程度英語が話せるという人は瞬間英作文のおすすめアプリ&教材【正しいやり方と効果も解説】を参考にしてください。

これらの教材が難しく感じる場合

ここで紹介した教材でリスニングをしていて、単語や文法が全くわからないという場合には、基礎を固める必要があります。

【英語初心者向け】基礎固めにおすすめの本・教材【文法書と単語帳】を参考にしてください。

通勤・通学中の理想的な勉強スケジュール

通勤・通学中の理想的な勉強スケジュール

初心者のうちはスピーキング50%、リスニング30%、単語と文法20%くらいで勉強するのがおすすめです。
勉強の配分については英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】でも解説しています。

英語を本当にマスターしたかったら、1日2時間以上は勉強する必要があります。

2時間の通勤時間があるとしたら、40分をリスニング、1時間をスピーキング、20分を単語・文法勉強に使うのが理想的です。

はじめのうちは辛いですが、家で勉強する時間が一切ないので、3ヶ月間頑張れば、そのあとは確実に続けられます。

初心者~中級者におすすめの勉強方法は
リスニング:シャドーイング(ディクテーションでもOK)
スピーキング:瞬間英作文

シャドーイング

電車内で声を出すのは難しいと思うので、ディクテーション(読まれた文章を書き取るトレーニング)で代用できます。

スタディサプリにディクテーションモードが付いています。

詳しいやり方はシャドーイングの効果と正しいやり方【英会話上達に必須の勉強】を参考にしてください。

瞬間英作文

スタディサプリの「クイックレスポンス」でフレーズを覚えつつ、「どんどん話せるようになる瞬間位作文」をやれば、3ヶ月後には、コミュニケーションが取れるレベルの英語になっているはずです。

詳しいやり方は瞬間英作文のおすすめアプリ&教材【正しいやり方と効果も解説】を参考にしてください。

まとめ:通勤・通学時間を効率的に使いましょう!

年間の通勤時間は平均で333時間

英語を継続して勉強するには
・決まったタイミングで勉強
・考えることなく習慣で行う
つまり、通勤・通学中は勉強するのに最適なタイミング
通勤中にオススメの教材は
・スタディサプリ
・どんどん話せるようになる瞬間英作文
初心者に最適な勉強割合は
・スピーキング50%
・リスニング30%
・単語・文法20%
1年間で300時間以上もある通勤時間、効率よく使って英会話ができるようにしてしまいましょう!
スピーキングやリスニングの勉強方法を1つにまとめました。
本気で、しかも最短ルートで英語を勉強したい人はぜひ読んでみてください。
参考:英会話初心者の最も効率がいい勉強法を解説【中級者へのロードマップ】

プロフィール